早漏お悩み相談所

リドカインの副作用

リドカイン

リドカインは世界で使用されている局部麻酔薬です。こちらは塗るタイプのお薬で、タダポックススーパーカマグラのような服用タイプとは違い、薬の飲み合わせなどを気にする必要がない点などがメリットですね。ですが、直接局部に塗るのは大丈夫なの?と思う方も少なくはないでしょう。

リドカインの副作用は個人差というものもありますが、実際のところほとんどありません。まれにかゆみや動悸、赤み、腫れ、軽度の不整脈といったものが出てくることがありますが、可能性としてはかなり低い確率です。もしこのような症状が起きて何日も治まらないという場合は医師に相談するようにしましょう。

また、リドカインを使用する際は必ずコンドームはつけるようにしましょう。リドカインは早漏防止薬として使用される機会が多いですが、実際は麻酔薬です。なので、コンドームを付けず、生のまま挿入してしまうと、パートナーにも効果が効いてしまい麻痺してしまいます。オーラルセックスの場合も同様なので注意しましょう。

その他にも過度に塗ったりした場合には麻酔が効きすぎてしまい、感度を失ってしまう可能性がありますので適量をまもるようにしましょう。抗不整脈薬や鎮痛剤と併用してしまうと重篤な副作用を招く危険性がありますので必ず併用は控えるようにしましょう。

女性と男性

リドカインは一時的に神経を麻痺状態にするための薬です。そのため、抜歯、胃カメラを飲むとき、痔の治療など様々な医療の現場で使用されています。塗った部分にのみ効果を発揮する局部麻酔で、その部分の痛みの信号をブロックするという働きがあります。単純に陰茎や亀頭の感度を落として射精までの時間を延長させる効果があります。

リドカインは即効性が高いことで有名です。大体の部分で10~20分程度あれば薬の効果が効いてきます。持続時間は約1時間ほどです。性交中などに切れてしまった際は、再度薬を塗る必要があります。基本的にリドカインは早漏を改善ではなく、阻止するという薬なのでそのたびそのたび塗るようにしましょう。早漏というのは精神面の要因も多く、お薬を使って1度早漏を回避できると、それだけで自信につながります。早漏だけにとどまらず、勃起不全につながる可能性も大いにあるので、お薬を使って治療を始めることをお勧めします。

リドカインの使用方法

使用方法としては局部、陰茎、亀頭を中心に塗るようにしましょう。つまり神経の通っている部分です。陰茎では神経の通っている表側に塗るのがおすすめです。全体的に感度の高い方もいるかと思われますが、全体的に塗ってしまうと不感になってしまう可能性もあるので、まずは上部のみ塗ることをお勧めします。

通常は1回10gとして、500円玉くらいのサイズのクリームをとり、陰茎に塗りましょう。10分~20分ほど経った浸透後に必ずコンドームを付けるようにしましょう。でないとパートナーにも被害が及んでしまいます。また、1日の使用量は20gまでです。これは超えないようにしましょう。リドカインを使用し続けることで、早漏にならない安心感から、だんだんと早漏が改善されていく場合もあります。
早漏や勃起不全は精神的な面が影響しやすいので、ぜひお薬での治療をお勧めします。

根拠があるわけではありませんが、性行為にはそういった心持ちが重要だと思います。

心電図

リドカインには、局所麻酔のほかにもその作用を利用した早漏防止のために使用をできることをお伝えしてきていますが、抗不整脈(心臓疾患)へも効果があります。

不整脈の発生の仕組みと、なぜリドカインにより改善するのかを、少し専門用語も交えつつ出来るだけ簡単にまとめてみたいと思います。

改めて不整脈という症状とは、心臓のリズムが通常よりも早くなったり遅くなったり起こる自覚症状です。

この心臓のリズムが早いと動悸や胸の苦しみが起き、リズムが遅い場合には全身の倦怠感やふらつきなどが起こってしまう症状です。

心臓にはその部位の右上に存在する洞結節(どうけつせつ)という部分から弱い電気を出しています。その電気が心臓を流れるとそれに反応して収縮をします。

通常その電気信号は心臓全体に伝わった後に消失をするのですが、何らかにより消失せずに心筋内(心臓壁の大部分を構成しているもの)で旋回することがあります。これをリエントリーと呼びます。

しかしこのリエントリーが起こっても全く刺激には反応しない絶対不応期という状態があり、ある一定の条件になると次に相対不応期という状態に変わります。

この状態の場合に、刺激を受けてしまうと心臓が反応して興奮状態となります。
通常、相対不応期が終わるまで電気信号は発せられませんが、リエントリーによる刺激を受けてしまうと通常とは異なる場所で活動電位(細胞膜の中と外でイオン濃度が変化し、起こる現象)というものが生じてしまいます。

そのため、脈が乱れるのです。その際、心筋細胞が過度に興奮しています。

そこでリドカインの効能が生きてきます。
リドカインは、活動電位を発生させるナトリウムチャネルという細胞膜を繋ぐ通路のようなものの働きを阻害し、心筋細胞の興奮を抑制させます。
それが不整脈の改善をさせると考えられており、抗不整脈薬としてもリドカインは使用できるのです。
よって重篤な刺激伝導障害のある人は心停止を起こす可能性がありますので、禁忌薬となっています。